社会保険労務士ならアンドディー[大阪市 中央区の社労士]

人材を人財に変える社労士事務所・アンドディー

お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 06-6940-0833
受付時間9:00-18:00[土・日・祝日除く]

ブログ

年末調整で必ず確認することとは?【社会保険の扶養】についてお伝えします!

こんにちは。アンドディー(社会保険労務士事務所)の安達です。

最近は、公私ともに予定がぎっしり詰まっていて、慌しい日々に追われています。

 

 

 

ところで、、、

年末といえば、「年末調整」の時期ですね!

 

 

年末でどこの会社さまも大忙しではないでしょうか?

 

 

 

 

そんな忙しい時期でも、年末調整は待ってくれません。。

 

 

 

 

特に!!!

 

 

妻の時給アップで収入が前年より増えてるから、扶養から外れる??

 

 

と思った方は、この機会に要チェックです!

 

 

 

印鑑を押す写真です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は…

 

 

税金だけでなく、社会保険の扶養からも外れることになるかもしれません。

 

 

 

  • 「え?どういうこと?社会保険の扶養って関係ないでしょ?」

 

 

 

 

そう思われる方もいらっしゃると思います。

 

 

 

今回は、年末調整で慌てないために、社会保険の「被扶養者」に該当する条件について確認してみましょう。

 

 

 

現在、社会保険の「被扶養者」となることができるのは、次の2つの条件を満たす3親等以内の親族の方です。

 

 

 

 

 

  1. 1.   収入要件

年間収入130万円未満(60歳以上又は障害者の場合は、年間収入180万円未満)

      +

 

①同居の場合、収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満であること

 

②別居の場合、収入が扶養者(被保険者)からの仕送り額未満であること

 

 

 

 

  1. 2.   同一世帯の条件

配偶者、直系尊属、子、孫、兄弟姉妹以外の3親等内の親族は、同一世帯であること。

 

ちなみに、「年間収入」とは。。

過去の収入のことではなく、被扶養者に該当する時点や認定された日以降の、将来の年間の見込み収入額のことをいい、この「収入」には、給与として支払われる通勤費、雇用保険の失業等給付、公的年金、健康保険の傷病手当金や出産手当金も含まれます。

 

(給与所得等の収入がある場合、月額108,333円以下。

雇用保険等の受給者の場合、日額3,611円以下であること。)

 

詳しくは、以下のURLを参考にしてください。

 

【参考】
従業員が家族を扶養にするときの手続き(日本年金機構)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

 

 

 

 

社会保険の扶養から外れる場合とは、どういう内容なのか解説します!

 

 

雇用保険について説明している写真です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「年間の見込み収入額が130万円以上になるとき」です。

 

 

 

年間の見込み収入額は、雇用契約書の内容や給与明細書などから推計することができます。

 

 

例えば、、

 

 

  • 被扶養者がパートで働いていて時給がアップした

 

 

という場合。

 

 

 

その後の年間の見込み収入額が130万円以上となるのであれば、社会保険の扶養から外れなければなりません。

 

 

 

 

会社の担当者の方は、従業員の被扶養者について、扶養削除の手続きが必要になります。

 

 

 

 

上記のように、収入要件に該当しなくなり、社会保険の扶養から外れたときは、

 

 

  • 本人の勤め先で社会保険に加入(他の要件を満たしている場合)していただく
  • 国民健康保険・国民年金に加入

 

 

上記のうちいずれかを行っていただくことになります。

 

 

1年間の収入額などを確認できるこの時期だからこそ、税金だけでなく、社会保険の扶養についても、一度確認されてみてはいかがでしょうか。

 

 

アンドディーでは、社会保険のプロとして対応できますので、お困りごとがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

以上、安達でした。

 

 

 


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・

アンドディー(社会保険労務士事務所)

就業規則作成・労働トラブル対応(未払い残業・労務対策)
評価制度・賃金体系・社内研修(人事コンサルティング)
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験に自信があります)

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
https://www.and-pd.jp

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、年金事務所調査対応、各種相談アドバイス、
評価制度・賃金体系・社内研修(人事コンサルティング)もお任せ下さい!