社会保険労務士ならアンドディー[大阪市 中央区の社労士]

人材を人財に変える社労士事務所・アンドディー

お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 06-6940-0833
受付時間9:00-18:00[土・日・祝日除く]

ブログ

今春の大卒就職率、氷河期(2000年卒の水準)並み

大学を今春卒業した就職希望者のうち
4月1日現在で就職した人の割合が91.1%であると
文部科学省と厚生労働省の調査で分かりました 目

<>


大卒就職率91%「氷河期並み」 震災、電力不足…見えぬ先

今春の大学新卒者の就職率(4月1日現在)は前年同期を0・7ポイント下回る91・1%と、調査を始めた平成8年以降、「就職氷河期」と言われた12年と並び過去最低になったことが24日、厚生労働省と文部科学省の調査で分かった。約3万3千人が就職先のないまま卒業したとみられる。
 ただ、岩手、宮城、福島の6大学分は東日本大震災の影響でデータが欠けており、被災地を含めた調査結果は、あらためて公表される予定。
 厚労省は「20年秋のリーマン・ショック以降、優秀な学生を採用するために企業が採用を絞ってきている。また、東北を中心に3月の追い込み時期に震災の影響があった」と分析。今後については「昨秋以降、企業側の採用意欲は上昇している感触があったが、震災の発生で先行きが不透明になった。夏場に電力事情が悪化した場合、秋以降、中小企業を中心に、採用意欲に水を差す可能性がある」との懸念を示している。
 一方、厚労省が同日発表した高校生の就職内定率(3月末現在)は前年同期比1・3ポイント増の95・2%だった。ただ、宮城は同3・7ポイント減の86・6%、岩手は0・6ポイント増の95・6%、福島は0・1ポイント増の93・6%と、被災地での落ち込みや伸び悩みも目立った。
 震災を理由に内定取り消しになった今春の就職予定者は5月18日現在、大学生などで139人、高校生で206人に上った。
 調査によると、大学生の就職率は、男子は91・0%(前年同期比1ポイント減)、女子は91・2%(同0・3ポイント減)で、短大の就職率は84・1%(同4・3ポイント減)、高等専門学校は98・5%(同1ポイント減)。
 高校生は男子が96・5%(同1ポイント増)、女子が93・5%(同1・8ポイント増)だった。


【Yahooニュースより抜粋】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000113-san-soci


私は大学卒業時、氷河期の2000年新卒として社会人生活がはじまりました 汗

バブルの時代と比較しようもないですし、厳しい環境が
当たり前だったのか、当時は特に何も感じませんでしたが、
逆にそういった時代の方が自身のスキルをもっと身につけようという
危機意識が備わっており、長い目でみて良かったかもしれません にひひ

現在の新卒の人たちはゆとり世代で学生時代と

社会人では真逆の船出となったかもしれませんが、
振り返った時に『良い思い出』と思えるよう、頑張って欲しいですね ビックリマーク

大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所)

就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032

大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階

(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)

TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834

Mail:info@and-pd.jp   http://www.and-pd.jp

労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!

※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!